メニュー 閉じる

RDD適職2021に参加いたします

2021年2月28日午後〜 オンラインにて、RDD適職2021イベントに当委員会も参加いたします

毎年2月末日はRare Disease Day (世界希少・難治性疾患の日、以下RDD)です。2008年にスウェーデンで始まり、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質の向上を目指した活動が行われています。日本では、2010年からRare Disease Day日本開催事務局主催のイベントが開催されています。

「RDD 適職」は全国で開催されるRDDイベントのテーマの1つとして、働く意思のある難病患者をサポートするために、2020年から開催を始めました。難病指定を受けているか否かに関わらず、難病を抱えながら働いている方は50~80万人と推定されます。一方で、「難病患者=働けない人」という誤解も少なくありません。そこで、「RDD 適職」では、働く意思のある患者さんや、そういった患者さんを雇用する企業の皆さんに、治療と仕事の両立支援に関する適切な情報提供を行うことを目指した活動を行って参ります。(RDD適職2021HPより引用)

PDを抱えながら働いている方、働きたい方の思いも伝えていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

RDD適職2021サイトはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です